前へ
次へ

法律に守られていることを知ろう

法律上あるいは法律的には、そうした何らかの悩みやトラブルを抱えて困っているのに行動に移れないのは、知

more

法律事務所を選んでお願いをする時は

法的な問題で悩んでいるときは、優秀な弁護士が在籍していると言うことで有名な法律事務所を探し、その上で

more

隣人問題を法律で考える

多くの人が入居している集合住宅やマンションでは、隣人からの迷惑行為やトラブルにあわないようにしないと

more

法律の勉強方法について

これから法律を勉強しようと考えている人も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そうであれば、まずはあらかじめしっかりと法律の勉強の仕方について知っておくことをおすすめします。まず最初に大切なのは、細かいところから勉強をしないということです。条文は第1条からスタートしており、順番にもきちんと意味がありますが、最初からその順番のままに勉強を進めていたのであれば、途中で挫折してしまいがちです。そこで大切なのは、それぞれの単元ごとに、あらかじめしっかりと全体的なイメージをつかんでおくことだと言っても過言ではありません。民法で出てくるさまざまな権利に関しても、このようなものなのだという風にして、大まかなイメージを掴んでおくだけで、これからの勉強の進み具合やはかどり具合なども変わってきます。

顧問の税理士に断られた案件も依頼可能な大阪の事務所
相続が絡んだ事業承継等の経験が豊富ですし、様々な特殊案件も対応していますのでご相談ください。

職場の活性化など様々なメリットがあります
若い実習生の存在による職場の活性化や指導の際の仕事内容の再確認による仕事の効率化も期待できます。

受け入れ可能な職種か判断できない場合はご相談ください
実習制度にて受け入れ可能な職種に限りがあるため、該当するかどうかわからない企業様はご相談ください。

内部監査員の養成も行っています
講師を派遣してのPマークやISO内部監査員の養成講座を実施するなど、人材育成も行っています。

離婚問題の相談を堺でするならこちらの弁護士
手続きの際に後悔しないよう、依頼者様とともに最善の解決策を実現できるようにします。

また、試験に合格をすることを目標としているのであれば、1点でも多くの点数をとることができるようにしなければなりません。よって、試験の直前になったときには、試験に出題されそうなところを集中的に暗記をしておくというのも良いのではないでしょうか。しかしながら、せっかく法律の勉強をするならば、やはりきちんと内容を理解をしたうえで暗記をしたほうが良いでしょう。暗記をしただけで合格をすることができても、実務になった際には事案を処理することができないことが考えられます。実務においては条文通りの事案のみではないので、事案に関連している条文を見つけて解釈していくことになります。そのような作業は、暗記だけの勉強では到底太刀打ちすることは出来ないでしょう。すなわち、試験に出そうな部分だけを必死に覚えるのではなくて、具体的な事例を考えつつ大切な部分を覚えることをおすすめします。法律は暗記力を鍛えるためにあるのではなくて、人間関係の中において発生する事案を解決するためにあるので、具体的な事案を離れないようにしましょう。

Page Top